渋谷の美容院アフィーロ(Achfilo)>ブログ>毛髪のダメージとは髪の毛が壊れていくこと

毛髪のダメージとは髪の毛が壊れていくこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
毛髪のダメージとは髪の毛が壊れていくこと

アフィーロがなんでヘアケアにこだわるのか???

毛髪は生えてきてから、日々様々な刺激にさらされています。

毎日毎日触るだけでも傷みます

でも1番の傷みの原因ってに美容室なんですよね

ブリーチ・ヘアダイ・パーマ・縮毛矯正などの、薬剤の化学的作用で毛髪ケラチンを破壊し脆弱化させたり、シャンプーやタオルドライによる摩擦、ドライヤーやアイロンによる熱など、毎日のように毛髪に物理的・機械的な刺激を与え続けています。


いくら毛髪が蛋白質としては丈夫なケラチンという成分で成り立っているとしても、長い間にはあちこち傷んできます。

仮に30㎝の長さのある毛髪の毛先は、できあがって生えてきてから既に2年経っています。

シャンプー&ドライだけでも、毎日洗っていれば700回以上行っているわけで、どんなにマイルドな洗浄剤でも、毛髪繊維は傷んできます。

生えてきてしまった毛髪は、先にも述べましたが、細胞そのものはもう死滅しているので、ダメージを受けて壊れた部分が自然にもとどおりに復元していくことはありません。


一般の方々が、毛髪のダメージを実感されるのは、

1.毛先がばさついてきたり、ゴワついてきた。

2.枝毛や切れ毛が多い。

3.艶や手触りが悪くなった。

4.シャンプー時やシャンプー後にギシギシしたり、櫛通りが悪くなった。

5.髪の弾力やハリがなくなってきた。

6.毛先の落ち着きがなくおさまりが悪い。

ーなどの症状が現れてきたときです。なかには毛髪のダメージが原因ではなく、元来の毛質による症状の場合もありますが、おおむね毛髪の損傷が原因です。


毛髪がどのようになると、これらの症状が現れるのでしょうか?

1.ばさつきやゴワつき=毛髪内部に元々あるNMF(ナチュラルモイスチャーファクター=天然保湿因子)の流失。熱変性など。

2.枝毛・切れ毛=毛髪内部のマトリックスの流失とキューティクルの剥離。乱暴なブラッシングや無理なコーミングによるキズ。

3.艶・感触の悪化=パーマネントウェーブ剤やキューティクルの毛羽立ちや剥離。

4.キシミやもつれ=毛表皮の剥離や付着油分の減少。

5.ハリや弾力の低下=マトリックスの流失や、フィブリル繊維の脆弱化。パーマネントウエーブ剤やブリーチ剤の過剰作用。

6.毛先の落ち着きのなさ=パーマ・カラー等の薬剤処理で弱くなった毛髪にたいしての乱暴な扱い。特に濡れた状態で引っ張る行為。

髪のどこがどのように変化して、美容上、好まれない症状が現れてくるのかを理解してください。


小吉 健太

小吉 健太

Written by:

プロの美容師の髪の毛のためになるコラムです☆お気軽に読んでくださいね☆

指名して予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

小吉 健太は、こんな記事も書いています。

  • 現役美容師の教える美容室サロントリートメントの勧め

    現役美容師の教える美容室サロントリートメントの勧め

  • 縮毛矯正をするうえで大切な9つのこと

    縮毛矯正をするうえで大切な9つのこと

  • ストレートと縮毛矯正ってどっちがいいの?ストレートも縮毛矯正もしたくない人の対策と方法は???

    ストレートと縮毛矯正ってどっちがいいの?ストレートも縮毛矯正もしたくない人の対策と方法は???

  • 日本で1番美容師の仕事をしている365日美容師になったきっかけ

    日本で1番美容師の仕事をしている365日美容師になったきっかけ

  • エクステのメンテナンスでよくある質問と答えをまとめさせて頂きました!

    エクステのメンテナンスでよくある質問と答えをまとめさせて頂きました!

  • 【お知らせ】アフィーロに通う芸能人やジャニーズについての弁明

    【お知らせ】アフィーロに通う芸能人やジャニーズについての弁明

新着ヘアスタイル

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス