渋谷の美容院アフィーロ(Achfilo)>Q&A

抜けやすいカラーのケアの仕方
1ぬるま湯で洗う 2シャンプーは毛先だけ 3トリートメントは毛先しっかり 4湯船に毛先をつけない これでながもちしますよ
かみが細くて絡まりやすいのですがどうしたらいいですか?
まずお風呂でホームケア用の洗い流すタイプのトリートメントをしっかりつけましょう。 ホームケア用のトリートメントには髪の表面をしっかりコーティングしてくれる成分(シリコン、シルクなどと呼ばれています。)が多く入っています。 髪の毛の特に絡まりやすい毛先を中心にしっかりなじませてください。 なじませる際に、目の粗い櫛を使って優しく、引っ掛かりが無くなるまで梳かしてあげるとより均一になじむのでより絡まりづらくなります。 次に乾かす前に流さないタイプのトリートメントまたはヘアオイルを1~2プッシュ毛先中心になじませましょう。 この時につけすぎると乾きづらくなって絡まりの原因になりやすいので注意しましょう。 お風呂でのトリートメントと同じように目の粗い櫛を使って梳かしてあげるとより絡まりづらくなります。 最後にしっかり乾かしましょう。 髪の毛は濡れている状態だとキューティクルが開いていて髪の毛同士が絡まりやすいです。 しっかり毛先まで乾かしてあげると絡まらないサラサラヘアになります。 いちど試してみてください。
コテで巻いたのにすぐに取れてしまうのですが何かいい方法はないですか?
まずしっかり乾かしましょう。 毛先に水分が残っていると巻き跡がつきにくく長持ちしません。 コテを入れたときに水蒸気が出ないくらいまでしっかり乾かしてください。 次にしっかり熱を当てましょう。 ゆっくりコテを当てていると髪が傷みそうだからといって素早く済ませてしまうと、ほとんど跡がつきません。 跡がつかないから何回も何回もコテを入れてしまってはいませんか? 髪の毛は160~180℃くらいの温度であればゆっくり巻いてもダメージしません。 何回も何回もコテを入れ直すほうが摩擦で髪の毛が傷んでしまいます。 温度設定を160~180℃にして、ゆっくり1~2回でキメてあげましょう。 最後にしっかり冷ましましょう。 コテから髪を外したらしっかりカールがついていると思います。 その巻きをほぐさず、触っても熱くない程度まで放置して冷ましましょう。 冷ますことでキューティクルが引き締まり形がしっかりキープできます。 冷まし終わったらヘアオイルなどのスタイリング剤を手に取り、内側から指を通して巻きをしっかりほぐしてください。 しっかり冷ましてあればほぐしても巻きは無くなりません。 試してみてください。
前髪エクステはどのくらいでつれられますか?
前髪エクステは5分から10分で付けられます ただし、事前のカウンセリングによりつけかたが変わるためスタイルが決まればすぐにできますが、そうでなければカウンセリングに少しだけお時間がかかります お急ぎのお客様は前髪エクステのデザインをお決めになっておいてください

美容院専用ホームページサービス