>>

縮毛矯正をするうえで大切な3つのこととQ&A【縮毛矯正とストレートの違いってなんですか?【ストレートと縮毛矯正】

2016/08/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
縮毛矯正をするうえで大切な3つのこととQ&A【縮毛矯正とストレートの違いってなんですか?【ストレートと縮毛矯正】

ストレートと縮毛矯正の違いってなんですか?

って、良く質問受けます!

まず

ここでは縮毛矯正とストレートの大切な3つのことを説明していきます


その1>>薬剤選定が1番大切なお話

まず、ストレートについて説明しますね

ストレートは、俗に言われるパーマ伸ばしのことを言います。

パーマをかけたお客様がパーマを伸ばすためのストレートが一般的なストレートですね。

かけすぎたパーマを伸ばすことや、飽きたパーマをとるときなどにする施術です。

こちらは、関西や大阪から西の美容室でよくある縮毛矯正やストレートになります。

あとは、軽い癖伸ばしのストレートパーマです。

最近多いのは縮毛矯正ほどまっすぐに伸ばしたくないけれど、ボリュームを減らしたいという場合でも使います。

縮毛矯正ほどガチガチには伸ばしませんが、薬剤だけでストレートにします。

ここで出てくる薬剤だけの薬剤ですが・・・

ここが1番大切なポイントになります

髪の毛の質感に対して適材適所に髪の毛を見極めて薬剤を塗り分けていく

髪の毛が綺麗になるようにイメージして傷めないように塗布する

日本人特有のハチハリゼッペキを治すのや、ポイントでボリュームを潰すのにも最適!

スピードが速く仕事できるのと、


熱を加えないので傷みは、薬剤さえ強くしなければかなり軽減できます。

東京の縮毛矯正やストレートでたまにみかけるのはこのパターンですね。



次に

縮毛矯正について説明しますね

縮毛矯正はアイロンやブロードライ方法を使ってクセを完全に治していく技法です

根本のクセを治すために熱を加えて髪の毛をまっすぐにします

一般的にはアイロンを使っての縮毛矯正をするのが一番オーソドックスですが、

アイロンは熱のダメージを加えるために技術者のテクニックがかなり重要になります

基本的にブロードライ方法でほとんどのクセは伸びます

ブロードライ方法は毛根近くのクセも伸ばせるので、最適です!

しかも

毛先に軽い丸みをつけれるテクニックも硬くなりづらいのは最大のメリットでしょう

アフィーロでは、ツインブラシを使ってのブロードライ方法を用いています

さらにどうしても伸びづらい部分のみを縮毛矯正させて頂いております

次にカウンセリングと毛髪診断

ここで、

問診。視診。触診。を行います

問診とは、

ストレートや縮毛矯正の履歴がどのくらいなのかをお客様に伺います。

ハイトーンカラーや、ブリーチ、黒染めも必ず聴きます。ハイトーンカラーは髪の毛のダメージがとても強くブリーチに縮毛矯正をかけるとビビリを越えて断毛の危険性もあります。黒染めはハイトーンカラーから黒染めしていると健康毛と勘違いしやすく強い薬剤を選定しやすいので必ず聴きましょう。

お客様はこの点を先に伝えておくと失敗されずらくスムーズに仕事が運びます

あと、ストレートや縮毛矯正でビビリ毛になった経験がないかは必ず聴くポイントですね

ストレートや縮毛矯正でビビリ毛になりやすいのは

コメカミ顔まわりの毛の薄い部分、梳かれすぎた髪の毛、初級アシスタントに多い洗い残しの襟足部分などです

ストレートや縮毛矯正で一番お客様の気になる部分で多いのは、コメカミ顔まわりなのですが、ココははうぶ毛が多いので、なので、ここは最後に薄く塗るだけで良いです。危険性を感じたら弱い薬剤選定にしましょう!

梳かれすぎた中間毛先などもビビリやすいです。アフィーロでは、縮毛矯正の場合根元に梳き鋏を入れたりしないように徹底しています。

あと初級アシスタントの洗い残しの多いネープ襟足ですが、必ず襟足からしっかり流して、根元の薬剤を取り綺麗にします。アフィーロでは、マイクロバブル、を使い薬剤水洗を徹底して、酸リンスやアルカリ、カスイ除去も徹底してヘアケアにこだわっています。

次に、視診です。

視診は、見たらほとんど解ります。

とにかく髪の毛のうねりや、毛羽立ちやビビリを徹底的に、髪の毛の表面だけでなく、中までチェックしまくります!

たまに何故か本当の履歴を伝えてくれないお客様もたくさんいますが、プロの美容師は解ってしまうものです笑

【きっと傷んでると思われたくなかったりするんでしょうね!全然攻めないですし、正確な仕事をしたいので是非ココだけは強力してくださいね笑】

最後に触診です。

触診は、視診と同時に行います。

考えて優しく丁寧に髪の毛のダメージを感じながら触ることです。

髪の毛を触りザラつきやうねりやキューティクルの毛羽立ちやビビリ、薬剤の傷みなどを考えて、問診や視診で分析しながら、触診させて頂きます。

ダラダラ無言で触ると変態なので、テキパキと問診、視診しながらがポイントですね!

たくさん書きましたが、アフィーロでは、ここを瞬間的に行います!お客様がいっぱいお話しするときはたくさんお話し聴きますよ笑

そして

シャンプーしたら、薬剤塗布ですね!

基本的にはストレートはシャンプーしてからの塗布が良いです

薬剤のスペックにもよりますが、薬剤の浸透スピードが全然変わります。薬剤塗布の速度も上がり、施術ダメージも軽減できます!

アフィーロでの塗布の注意点ですが

①根元2㎝あけて癖の部分にのみ最初にアタックをかける!【イケメン男子を落とすには時間がかかるように、クセの強い部分は伸びるのに時間がかかるので、最初にアタックかけます!】

②絶対地肌につけないようにオンベースに塗布【ここは職人のこだわりです】

③ノンテンションで1㎜もムラなく薬をおく【境目と根元は最後の最後に丁寧に

④センター、イヤーtoイヤーのブロッキングで残しやすい部分も、塗り残さない

⑤つむじ、富士額、こめかみをビビらせないようにしっかり塗布する

⑥中間毛先は基本的には塗布しない

⑦毛先まで希望された場合バージン毛はそのまま薬をのばす

ダメージ毛は減力する、残液に化粧水を40~50%足して馴染ませるようにのばす

⑧毛先の重みで根元がずれないように放射状チェック

⑨基本はできるだけスチーム10分でチェックして流す

⑩スチームを入れるときに「キューティクルを水分膨潤で開いて髪に負担が無いよう頭皮をヘッドスパしながら髪をいたわりストレートしていることを伝える」


塗布のこだわり


縮毛ブロー・アイロンのこだわり

①ドライはハンドブローと同じで根元を確実に伸ばす

②ツインブラシは根元の癖の強い所を狙いオンベースで外・外・真ん中であてて根元3分の1部分をしっかりと伸ばす

③アイロンも根元の癖の強い部分を外・外・真ん中で完全に伸ばす

④ツインブラシのブロードライ法アイロンのアイロン矯正法でWストレートしてあることを必ず綺麗に伸ばす

⑤毛根から伸ばしているので長持ちすることを必ず説明する

⑥特に癖の気になるところを聞いて最後にもう一度伸ばすくらい丁寧にやる

これがブロー・アイロンのこだわりです



とことん縮毛矯正は綺麗に伸ばしますよ

小吉 健太

小吉 健太

Written by: 小吉 健太
プロの美容師の髪の毛のためになるコラムです☆お気軽に読んでくださいね☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

小吉 健太は、こんな記事も書いています。

  • 前髪エクステ画像集

    前髪エクステ画像集

  • シールエクステがエクステで1番良いという大切な3つの秘密とよくあるQ&A集

    シールエクステがエクステで1番良いという大切な3つの秘密とよくあるQ&A集

  • シースルーバングで前髪を可愛くしたい人に読んで欲しい3つのこと

    シースルーバングで前髪を可愛くしたい人に読んで欲しい3つのこと

  • シールエクステの取り外し方【前髪エクステの外し方】

    シールエクステの取り外し方【前髪エクステの外し方】

  • 髪エクステで1番人気のかきあげ波巻き前髪

    髪エクステで1番人気のかきあげ波巻き前髪

  • 前髪エクステで顔周り長めの切りっぱなしボブヘアはできますか???

    前髪エクステで顔周り長めの切りっぱなしボブヘアはできますか???

アーカイブ

前月

2017年06月

翌月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             

今月のカレンダーを表示する

カテゴリー

新着ヘアスタイル


美容院専用ホームページサービス